起動(ブート)可能なUSBメモリを作成する方法

一般的にwindows等のOSをインストールする場合DVDをPCに入れてパソコンを起動しますが、DVDドライブが付いていないノートPC等ではDVDドライブを接続してから起動しないとDVDが利用できないため不便です。

そんな場合USBメモリをさしてPCを起動するとDVDと同じようにインストール操作が出来ると便利です。

手順としては

1.DVDをisoファイルに変換
2.変換したisoを元にブータブル(起動可能な)USBメモリを作成

という2手間で作成可能です。

DVDをisoに変換するには「円盤複写屋」等のツールを使い、 ブータブルUSBメモリを作成するには「Rufus」というツールが便利です。


関連記事
ブータブルUSBメモリでwindows7をインストールを行う際にエラーが発生したときの対処方法
windows7をブータブルUSBメモリでインストールを実行した際に以下のエラーが出る場合があります。 新しいシステム パーテ...
参考サイト
この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った(0)
  • もっと詳しい情報が必要(0)
  • 情報が古かった(0)
  • 目的の情報では無かった(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする