【swift】didReceiveMemoryWarning()とは

環境
OS: macOS 10.12.3
Swift: 3.1

xcodeで自動生成されるコードの中に以下のコードが含まれていて気になったので調べてみました。


これはmemory warningが発生したときに呼び出されるファンクションのようです。

実際にこのファンクションを動かすにはSimulatorの「Hardware」>「Simulate Memory Warning」よりイベントを引き起こせるようです。

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った(0)
  • もっと詳しい情報が必要(0)
  • 情報が古かった(0)
  • 目的の情報では無かった(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする