【PHP】内部サーバーエラーや真っ白なページが表示された場合の対処法

PHPの開発を行っていると、何かしらのエラーで内部サーバーエラーや真っ白なページが表示されてしまう場合があります。

画面にエラーさえ出力さえされれば色々と調査ができるのですが、環境によってはエラーが出力されない場合があります。

そんな時は以下の3つの方法を試すとエラーが出力されるように成る場合があります。


エラーが出ているページに直接エラー出力するように記述する

エラーが出ているPHPの頭に以下のコードを記述するとPHPのエラーが出力されるようになる場合があります。


htaccessを設定

htaccessに以下の一文を追記するとエラーが出力されるようになる場合があります。
ただしhtaccess自体に問題がある場合も内部サーバーエラーや真っ白なページにが表示されてしまうので、 htaccess自体に問題がないかのチェックが必要です。


php.iniを設定

htaccessに以下の一文を追記するとエラーが出力されるようになる場合がありますが、レンタルサーバー等を利用している場合は設定自体できない場合もあります。
レンタルサーバーを利用している場合は管理画面などから設定が可能な場合もあれば、 フォルダにphp.iniファイルを作って配置すると反映されるように設定されているサーバーもあります。
また、このphp.iniも場合によってはhtaccessと同じようにこれ自体が問題でエラーが発生する場合があるので注意が必要です。



エラー自体が表示されないと原因が特定できなくて色々と大変です。これらの情報を少しでも役に立てていただければ幸いです。
この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った(0)
  • もっと詳しい情報が必要(1)
  • 情報が古かった(0)
  • 目的の情報では無かった(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする