【RTX1100】初期設定をLANケーブル接続で行う方法

RTX 1100 は初期状態ではDHCPが有効になっていないので一般的なルータのように パソコンとLANケーブルで接続しただけでは設定を変更することができません。(COMケーブルが必要になります)

しかしIPv6の場合、初期状態で固定IPが設定されているのでtelnetでログインすることが可能になります。

IPv6のアドレスはルータ裏面のMACアドレスから以下の手順で割り出すことができます。


【例】
元のMACアドレスを「AA:AA:AA:AA:AA:AA」とした場合の手順を紹介します。

1) 元のMACアドレスの先頭から7bit目を反転

A8:AA:AA:AA:AA:AA

2) 真ん中に「FF:FE」を挿入

→ A8:AA:AA:FF:FE:AA:AA:AA

3) 16bit区切りに変更

→ A8AA:AAFF:FEAA:AAAA

4) 頭にローカルアドレス「FE80:0000:0000:0000」を追加

FE80:0000:0000:0000:A8AA:AAFF:FEAA:AAAA


この手順で計算したアドレスを利用するとtelnetでRTX1100とLANケーブルで接続することが出来ます。


変換用のツールを作成しました。
【ツール】MACアドレスをIPv6に変換
変換の仕組みについては下記記事にて説明しています。 function mac2ipv6()...
この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った(2)
  • もっと詳しい情報が必要(0)
  • 情報が古かった(0)
  • 目的の情報では無かった(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする